2019/07/13 14:36



新しい商店街の形をつくる、なか又の建築。

商店街となか又とお隣を結ぶ敷地内の広場と抜け道は、道行く人々が共有できるフリースペース。隣店とも共有されることで「境界」がなくなり、豊かな関係性が生まれます。また、建物が間口を覆う画一的な並びに、抜けを挿し込むことで、商店街を立体化し、お客さんの意思によって体験が変わる新たな商店街の形をつくり出しています。腰掛けたり、休んで食事をしたり、ワークショップを開催したり。なか又の店舗は、訪れるすべての人々にとっての和むスペースです。

店舗デザイン/スキーマ建築計画 代表 長坂常